過去20年間の20の素晴らしい一発屋

ステイシーズマム/ウェルカムインターステートマネージャー


私は最近、数人の友人と議論を交わしました。一発屋について本質的に時間に固有の何かがありますか(彼らは単に現在のポップトレンドを利用しているだけですか?)、またはもっと大きなものがありますか?これらの曲はとても良いので、その特定の時代に合うかどうかは本当に問題ではありませんか?

私は過去数日間これについて考えていましたが、過去20年間の一発屋の進行をグラフ化することにしました。毎年注目すべき曲を取り出し、それらをマスタープレイリストにまとめます。選択はかなり恣意的で信じられないほど非科学的でしたが、私が気付いたいくつかの(非常に主観的な)ことがありました。

  • 一発屋は時々束になって来るのだろうか。つまり、ポップパンクの2000年代初頭の束(ファウンテンズオブウェイン、ボウリングフォースープ)、90年代後半のロックの束(フラグポールシッタ、どこへ行っても)、そしてボーイバンドの束にいたかもしれない魅力的な男(ジェームスブラント、アシュリーパーカーエンジェル)
  • 自分たちが本当に自分たちの時代の一部であるとは思わない人もいますが(チャンバワンバ、レン)、リリースされた期間に関係なく、おそらくかなり成功するほど優れています。
  • おそらくますます、いくつかは主にウイルス感覚の産物になるでしょう(ハーレムシェイク)

あなたは今、適切な一発屋の考え方をしているので、ここに過去20年間の20の堅実な一発屋があります。明らかに、最近のアーティストが一発屋のままであるかどうかを判断するのは時期尚早ですが、明日から始まるトムクルーズ主演の終末論的な映画で、私たち全員がエキストラになることを想定して一時的に運営します。

1.夜のリズム–コロナ(1994)

2. I Wish – Skee-Lo(1995)

3. I Love You Always Forever –ドナ・ルイス(1996)

4.チャンバワンバ– Tubthumping(1997)

5.フラグポール・シッタ–ハーヴィー・デンジャー(1998)

6.私のサンシャインを盗む–レン(1999)

7.フー・レット・ザ・ドッグス–バハ・メン(2000)

8.どこへ行くにも–コーリング

9.天国– DJサミー(2002)

10.ステイシーズマム–ウェインの噴水(2003)

11. 1985 –スープのボウリング(2004)

12.美男<イケメン>ですね–ジェームス・ブラント(2005)

13. Let U Go –アシュリー・パーカー・エンジェル(2006)

14.ポップ、ロック、ドロップイット–ヒューイ(2007)

15.それは私の名前ではありません– The Ting Tings(2008)

16.上記すべて– Maino(2009)

17. Dougieのやり方を教えてください(2010)

18.停電–ブリーズ・キャロライナ(2011)

19.私が知っていた誰か– Goyteft。Kimbra(2012)

20.ハーレムシェイク-バウアー(2013)