今すぐ気分を盛り上げる22の映画サウンドトラック

音楽は、最悪の日でも気分を良くするための最良かつ最速の方法の1つです。良い曲は、あらゆる種類の問題の解決策になる可能性があります。悪い解散を経験することから、マーケティングプレゼンテーションを行っている間ずっとジッパーが開いていることに気付くことまで、さまざまです。そして、この曲があなたが知っていて愛している映画から来ているとき、その癒しの力はさらに強められることができます。悪い日にすぐに気分を盛り上げることが保証されている22の楽しい映画のサウンドトラック(および各アルバムの私のお気に入りのトラック)がここにあります。


1。無知(19 95)

二。ロミーとミシェルの高校の同窓会(1997)

3.3。プリティ・イン・ピンク(1986)

四。ウェディングシンガー(1998)

5.5。13ゴーイング30(2004)

6.6。一分の隙もない(2012)

7。イージーA(2010)

8.8。セレナ(1997)

9.9。チャーリーズエンジェル(2000)

10.10。私があなたについて嫌う10のこと(1999)

十一。間抜けな映画(19 95)

さらに言えば、実際には、どのディズニー映画でも機能します。

12.12。ヘアスプレー(2007)

13.13。タイタンズを忘れない(2000)

14.14。フットルーズ(1984)

15。スコットピルグリム対世界(2010)

16.16。きっと、星のせい(2014)

17.17。ホイップイット(2009)

18.18。(夏の500日間(2009)


さて、映画はそれほど明るいものではありませんが、サウンドトラックはあなたを幸せにします。

19。意地悪い少女たち(2004)

20。アドベンチャーランド(2009)

21。コヨーテアグリー(2000)

22。トワイライト(2008)

いいえ、真剣に、それは良いサウンドトラックです。

注目の画像– (夏の500日間