時々悲しんでも大丈夫

幸福は選択であります。 だから私はよく疑問に思います:悲しみも選択ですか?誰が悲しみたいですか?幸せは私たちのほとんどが切望しているものです。幸福は、私たちのほとんどが住みたいと思っている前向きな感情と心の状態です。悲しみは暗くて陰気で、逃げる何かのようです。しかし、悲しみは私たち全員が一度に経験するものです。時々悲しんでも大丈夫かもしれません


私はできる限り幸せになるように努めています。感謝すべきことがたくさんあり、それを見失わないようにしています。人生の課題の中でも、私はいつも、それぞれの闘争や痛みや傷の中で幸せを見つけようとするように教えられていました。そして、私はできる限り努力します。しかし、私は実在の人物であり、常にそうできるとは限りません。悲しみは私の第一選択の感情や感情ではありませんが、多くの点で悲しみは避けられない感情だと思います。

私は悲しみを表現するのが本当に得意ではありませんでした。私は幸福と怒りと欲求不満と情熱を表現することができます。しかし、悲しみはいつも私には弱さのように見えました。具現化しすぎても離れないというのは、いつも暗くて危険なことのように思えました。それでも、悲しみは人生の一部であるため、私は悲しんでいます。しかし、私はそれをどうするか全く知りませんでした。多くの場合、私は忙しくしてそれを無視し、それを通過させようとします。考えたり、感じたり、知りたくありません。私はそれが通過し、再び幸せを選択したかっただけです。

しかし、私は悲しみを本当の意味で感じるべきだと考え始めています。それは明らかに理由のために存在します。それは私たちの人間性、他人や私たち自身に思いやりを持っている私たちの能力を示すために存在します。それは、私たちがどれほど強くても、私たち全員が究極的には人間であることを示しています。つまり、私たちの力は有限です。悲しみはまた、私たちがどれだけお互いを必要としているのかを思い出させるものでもあります。悲しみは多くの点で優れた教師であり、おそらく私たちが学ぶ最も重要な教訓は、自分の気持ちについて自分自身に正直になることです。

私は感情について話すのが嫌いです。私が本当にそれをするのは私が書くときだけです-それはおそらく私がたくさん書く理由です。感情について話すことは私のことではありませんでしたし、悲しみについて話すことは私を無力に感じさせます。でもこれを書いていると、今日は悲しいことに気づきました。変えたいと思っているのに勇気が出ないのが悲しい。今日は孤独を感じ、気分が良くなかったので悲しい。そして、私を幸せにするすべてのことを思い出すのを忘れたので、おそらく悲しいです。


私は悲しむのが好きではなく、悲しいことについて話すのも好きではありません。でも時々悲しんでも大丈夫だということを学んでいます。私は、悲しみは単に現実の一部であり、具体化され、耐えられなければならないことを学んでいます。私はまだ幸せな人です、少なくとも明日になることを願っています。そして、私が変えることができるものとできないものを受け入れることを願っています。そして、私が感謝しているすべてのことを忘れないようにします。私を幸せにするもの。でもこの瞬間、私は悲しいです。そしてこの瞬間、多分それは完全に大丈夫です。