101曲のUltimateMid-2000sプレイリスト

振り返ってみると10年近く経ちましたが、長寿になっているものを垣間見ることができました。つまり、2000年代半ばの奇妙な時代をカプセル化するのに本当に優れている曲は何ですか。


以下は、素晴らしいお祝いの方法で、中途半端な人の聴覚構造を要約しようとする曲のコレクションです。すべての曲は2003年から2007年の間にリリースされ、ネリーを除いて、リピートフィーチャーされたアーティストはありません。ここでの意図は、ベスト曲ではなく、より細かい曲やアーティストのいくつかをまとまりのあるプレイリストに組み込んでいます。それで、中等学校に戻ってください:

1.スガスガ-ベイビーバッシュ、フランキーJ :2003年または2013年、常にパーティースターター。

2. Hate Me –ブルーオクトーバー

3.ソウル・サヴァイバー–エイコン、ヤング・ジージー


4.グランドセフトオータム/あなたの男の子はどこにいますか–フォールアウトボーイ



5.バッドボーイ–カスケーダ


6.カリフォルニア–ファントムプラネット

7.リップスオブエンジェル–ヒンダー


8.言う–ジョンメイヤー

9.スーパーマン–ラズロベインスーパーマン2002年に技術的にリリースされましたが、ZachBraffらに電力を供給しました。の多くの季節を通してスクラブ、2000年代半ばの2000年代のより共鳴的なシリーズの1つ。

10.何度も何度も–ネリー、ティム・マグロウ

11.恨みをあきらめる– Gob


12.親愛なるマリア、カウントミーイン–オールタイムロー

13.レモネード–ウィータス

14.ライトサー–チンギー

15.シークレットバレンタイン–ウィーザキングス

16.パラライザー–フィンガーイレブン

17.オンリーワン–イエローカード

18.記憶–シュガーカルト :エモジャムでいっぱいの10年で、これは最高に君臨しますか?

19.キル–火星まで30秒

20.「ティル・アイ・コラプス–エミネム、ネイト・ドッグ

21. Rebellion(Lies)Arcade Fire

22.これを感じる–ブリンク182

23. Break It Out – The Rocket Summer

24.リーンバック–テラースクワッド

25. Just The Girl –クリックファイブ

26.ステイシーズマム–ウェインの噴水: 頭の中でこの曲にサインしても、間違いなく中学校のクロスカントリーレースを通過できませんでした。

27. Sadie Hawkins Dance –リライアントK

28.リッチ&フェイマスのライフスタイル–グッドシャーロット

29.影響下の10年–日曜日を取り戻す

30.オハイオは愛好家のためのもの–ホーソーンハイツ

31.衝突– Howie Day

32.何でも言う(その他)–カルテル

33.この災害–新たに発見された栄光

34. Freak-A-Leek-Petey Pablo

35.少なすぎる、遅すぎる– JoJo :これを彼女の歌と組み合わせる出て、去って、JoJoは本当に、魔法を再燃させようとしている元恋人たちを非常に容赦しないことの達人でした。

36.うん! –アッシャー、リルジョン、リュダクリス

37.点滅するライト–カニエウェスト

38.ピース–合計41

39.ふりをする時間– MGMT

40.バック・イン・ザ・マッド–ババ・スパークス

41.ワイルドキャット–ラタタット

42.チェーンハングロー–ジブス

43.ビープ音–プッシーキャットドールズ :プッシーキャットドールズの素晴らしいところは、曲には常に本当に深いメッセージが含まれていることです。

44.写真–ニッケルバック :あなたはそれを愛していることを知っています。

45.毎回–ブリトニースピアーズ

46. For You I Will(Confidence)– Teddy Geiger

47.誰も知らない静かなこと–真新しい

48.チェックしてください–ビヨンセ、スリム・サグ

49.マイバンド– D-12

50.ライムからの愛-O-Zone

51.ガールフレンド–アヴリルラヴィーン

52.高校は終わらない–スープのボウリング この曲のメッセージはとても、とても真実です。

53.これらのヘーゼルの目の後ろ–ケリー・クラークソン

54.ハンズダウン–ダッシュボードコンフェッショナル

55.ゼアー・イット・ゴー(ホイッスル・ソング)–ジュエルズ・サンタナ

56.ジャクソンさん– OutKast

57.ピーシズ・オブ・ミー–アシュリー・シンプソン

58.できる– Nas

59.理由–フーバスタンク

60. Badger Badger Badger – Weebl’s Stuff おそらくebaumsworld時代の最高の宝石です。

61.私たちは待っている/聖です。ジミー–グリーンデイ

62.直感–ジュエル

63.美男<イケメン>ですね–ジェームス・ブラント

64. We Takin’Over – DJ Khaled

65.今日の影–リンキンパーク

66.マイイモータル–エヴァネッセンス

67.ダンスホールドラッグ–ボーイズライクガールズ

68.最初のシングル–フォーマット

69.イグニッション(リミックス)–R。ケリー 私はよくこのカラオケの場所に行きました、そして人々はリミックスではなく常に「イグニッション」に行きました。リミックスのプレビューを少し見て、休憩を取らなければなりません。

70.ルビー–カイザーチーフス

71.ユーアンドミー–ライフハウス

72.ゲット・バック・イン・ヒア– DJ Felli Fel、Akon、Ludacris、Diddy、Lil Jon

73.ダニカリフォルニア–レッドホットチリペッパーズ

74.愛の栄光と共に生きる–何でも言う

75.あなたを待つ–エリオット・ヤミン :男はアメリカンアイドルの宝石でした。

76. Whine Up –エレファント・マン、キャット・デルーナ

77.フロートオン–モデストマウス

78.低くなる–リル・ジョン、イン・ヤン・ツインズ

79.私は愛と呼ばれるものを信じています–闇

80.あなたが私を望んでいる場所–ジェシー・マッカートニー

81.ロックウィズU(Awwベイビー)–アシャンティ

82.本物–ボー・バイス

83.ターン・ミー・オン–ケビン・リトル :この曲が嫌いになり始めました。しかし、執拗で奇妙なロマンチックな男のように、私を倒すのに十分なほど立ち往生しています。

84.ペーパープレーンズ– M.I.A.

85.ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン– OK Go

86.モンキーレンチ–フーファイターズ

87.グリルズ–ネリー、ポールウォール、アリ&ギップ

88.どこに行きましたか–フォートマイナーフィートホリーブルック

89.ダークブルー–ジャックスマネキン

90.セクシーバック–ジャスティン・ティンバーレイク

91. Im N Luv(Wit a Stripper)– T-ペイン、マイク・ジョーンズ :マイク・ジョーンズなしでは影響力のあるミュージシャンとは言えません。

92.ハングアップ–マドンナ

93. D.A.N.C.E. - 正義

94.ビーユアセルフ–オーディオスレイヴ

95.ヴァーティゴ-U2

96. Call On Me – Eric Prydz

97.ラブジェネレイション–ボブ・シンクレア、ゲイリー・パイン

98.フィックスユー–コールドプレイ

99.テイク・ミー・アウト–フランツ・フェルディナンド

100.ワゴンホイール–オールドクロウメディスンショー

101.ブライトサイド氏–キラーズ