あらゆる機会を反映する、史上最高のホイットニーヒューストンの15曲

ホイットニーヒューストン/ヴェボ


歌: '私には何もない'
叙情詩: 「私の愛を取りなさい、私は決してあまり多くを求めません–あなたがいるすべて、そしてあなたがするすべて。」
機会: 新しいスクイーズのデートから2か月後、入手困難な猫とマウスの追跡ゲームをあきらめて、本当にどれだけファンシーなのかを諦めた後、それをやりましょう。 。そしてあなたも彼らがそうであることを要求します。


歌: 「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」
叙情詩: 「誰もがヒーローを探しています。人々は尊敬する人を必要としています。私のニーズを満たす人は誰も見つかりませんでした–孤独な場所です。それで、私は私に依存することを学びました。」
機会: 一人で、下着を着て、暗闇の中で胸からドリトスを食べます。会社として死にかけているMacBookのNetflixの薄暗い光だけです。


歌: '短い期間で'
叙情詩: 「私が思っていた以上の瞬間を私に与えてください。私の夢のすべてがハートビートから離れていて、答えがすべて私次第であるとき。」
機会: あなたの葬式。手遅れですが、神によってあなたの喪に服している友人や家族は刺激を受けます。


歌: 'どうやって知るの?'
叙情詩: 「恋に落ちるのはとてもほろ苦いです。この愛は強いのに、なぜ私は弱いと感じるのですか?」
機会: 初めてクロナッツを食べるとき。その気持ちは糖尿病です。



歌: 「すべてをあなたに」
叙情詩: 「あなたは私たちが一緒に逃げるだろうと私に言っていました–愛はあなたに自由になる権利を与えます。あなたは辛抱強く言った。もう少し待ってください。しかし…それはただの古いファンタジーです。」
機会: 彼が妻をあなたに任せることは決してないことに気づいたとき、それはあなたを襲います。あなたは決まり文句です。あなたは上司と一緒に寝て、それは違うだろうと思いました、しかし悲しいかな…あなたはそうしました。




歌: 「ブロークンハーツはどこへ行くの?」
叙情詩: 「しばらく経ちましたが、頭の中に何かがあります。ほら、11月の寒い日以来、私は同じではありませんでした。」
機会: それらを忘れるのを少しの間忘れると、すべてが戻ってきます。



歌: 「私たちはほとんどすべてを持っていませんでしたか?」
叙情詩: 「愛が私たちに与える価値のあるすべてだったとき、私たちはほとんどすべてを持っていませんでしたか?あなたと一緒に乗るのは、私の友人が落ちる価値がありました。」
機会: あなたの通勤者のときめきがあなたと同じ電車に乗らなくなったとき。君たちはそんなに多かったかもしれない。


歌: 「私は今夜あなたの赤ちゃんです」
叙情詩: 「あなたが私に望むものは何でも、私はあなたにすべてを与えます–私は今夜あなたの赤ちゃんです。あなたは私のエクスタシーを与えました、あなたは私のファンタジーです:私は今夜あなたの赤ちゃんです。」
機会: 生理の3日前、その角が本物であるとき。



歌: 「私が必要とするすべての人」
叙情詩: 「私は夜寝るために泣いていたのですが、彼が来る前はそれだけでした。私は愛が正しくなるために傷つけなければならないと思ったが、今彼はここにいる。それは同じではない。」
機会: あなたが最初にの写真を見たときある日著者のデヴィッド・ニコルズは、これまで何に人生を無駄にしてきたのか疑問に思います。


歌: 「私はすべての女性です」
叙情詩: 「私はすべての女性です、それはすべて私の中にあります。あなたが赤ちゃんにしたいことは何でも、私は自然にそれをします。」
機会: ワックスがけの日に、突然無毛の獣から絹のようなサイレンに変わったとき、誰もがそれについて知る必要があります。


歌: 'あなたに向かって走る'
叙情詩: 「私は毎日、常に支配している誰かの役割を果たしていますが、夜になると家に帰って鍵を回すと、そこには誰もいません。誰も私を気にかけません。」
機会: 休暇後にアパートに戻ったとき。誰もあなたを愛していません-あなたはそれを知っていますよね?


歌: '夜の女王'
叙情詩: 「私はあなたが欲しいものを持っています、私はあなたが必要なものを持っています、私はあなたをひざまずかせるために十分以上のものを持っています。」
機会: あなたとあなたのルームメイトのためにドミノの食事の取引で予期せず帰宅したとき。



歌: 「ステップバイステップ」
叙情詩: 「私が従わなければならない道、私が行かなければならない場所があります。そこへの行き方を教えてくれた人は誰もいませんでしたが、そこに着いたらわかります。」
機会: 土星回帰中。どのように生き残るかについてのクソの手がかりはありませんが、インターネットでポジティブシンキングについて一度読んだことがあるので、そこから始めます。


歌: 「正しくないが大丈夫」
叙情詩: 「6人が出て行ったら、4人は本当に安かった。夕食を食べたのは2人だけだったので、クレジットカードの領収書を見つけました。」
機会: 他人の日記を読むことを正当化する。


歌: 「私があなたにそれを言ったら」
叙情詩: 「私たちはただの友達だったのは知っていますが…何かを持ち込むことにした場合はどうなりますか?」
機会: バーには5つのテキーラがあり、明日の朝、仲間の「グループ」メンバーと一線を越えたことで、友達全員があなたを憎むことを十分に知っています。